マリンルートワンへようこそ

シオミズツボワムシ&クロレラ



生まれたばかりのクマノミの稚魚のえさとして、マリンクロレラアルファで二次培養した シオミズツボワムシが有効です。 ポリプの小さなサンゴのご馳走です。 シオミズツボワムシは大きさ 1mmに満たない、わずか数百マイクロメートルの とても小さな生き物です。 肉眼では 細かい粒子が水中を舞っているように見えますが、小さすぎて「見えない。」という方も います。しかし稚魚は生きて動いている このシオミズツボワムシを食べて育ってきます。 生きて動いているエサに反応してよく食べる稚魚はグングン成長して、体も くちのサイズも大きくなり、もっと大きなエサ(ブラインシュリンプエッグ から孵化したアルテミア)が食べられるようになり、ますます成長します。
シオミズツボワムシの培養
当店でワムシをお買い上げの希望者に、オリジナル培養マニュアルを差し上げています。 ポイントを抑えておけば単純作業の繰り返しです。 栽培漁業の分野で広く使われ、すでにワムシについての論文も数多くあるようですが、マリンアクアリウムでも応用して少しでも良くなるようにと思っています。 ワムシを長期的に維持しつづける場合は、えさとして濃縮生クロレラが必要になります。 消費期限が3週間でニオイが強い(臭い)というところが難点です。
そして,海の生き物を育てるために使う場合は、成長に必要な栄養素である 不飽和脂肪酸を添加したマリンクロレラアルファで二次培養したワムシを使うことをおすすめします。濃縮生クロレラにはこの大切な栄養がほとんど含まれていないのです。
ワムシの培養を始めるのに必要なもの
もとになる シオミズツボワムシ
えさになる 濃縮生クロレラ
稚魚に与えるときに使うNewワムシネット -特殊なアミ目でワムシを濾し採る必需品です
その他、エアーポンプ、培養容器など
全国に発送OKです。


マリンクロレラアルファ
海の生き物たちの成長に欠かせない成分 不飽和脂肪酸 を強化した海産クロレラ製品です。 サンゴ水槽やイソギンチャクとクマノミ飼育水槽に直接添加できます。
培養したワムシに与えると、栄養強化ワムシになり、すぐれた活餌となります。 店内で育てているクマノミの稚魚には、この栄養強化ワムシを与えています。 ワムシに与えた時、数は増えますが大きさに変化があるわけでは有りません。 孵化したばかりのブラインシュリンプに、マリンクロレラアルファをえさとして与え、育てていくと、 ぐんぐん大きく なって、3週間程度で成体の大きさまで育てることが出来ます。 体の大きさや口の大きさにあわせて、この 生きている1ミリから1cmほどのブラインシュリンプは、店内でクマノミの稚魚や入荷したばかりの ハナダイ、タツ、テンジクダイ、サンゴ水槽他、いろいろな用途に使っています。
マリンクロレラアルファは要冷蔵保存。消費期限出荷後2ヵ月。 発送の場合、クール宅急便 でお送りします。
店頭でのお買い上げ時は、保冷剤をおつけします。

< 前のページ
13件 [ 1-12 ]